医療法人かがやきについて|総合在宅医療クリニック|岐南町

医療法人かがやきについて

about

PHILOSOPHY 私たちの理念

希望する在宅生活を、
安心して送れるように
支援します。

私たちは常に誠実に、一人ひとりの患者さんの想い・希望を大切にし、
ご自宅で安心して生活できるよう、
24時間365日必要なときにすぐにお応えすることで支援させていただきます。

MESSAGE 理事長メッセージ

すべての人が
自分らしく輝きながら
生きていくために
私達ができることを

私自身、高校でラグビーをやっていた時に鎖骨を骨折し、その時に自宅に来てくださった医師にあこがれて医学の道を歩み始めました。
その時には日本には仕組みとして存在しなかった在宅医療も現在では入院・外来に並ぶ第3の医療となるほどに普及してきております。

医師1名、非常勤看護師2名で2009年に始めたクリニックですが、現在ではスタッフ・関係者53名、累積在宅患者数2300名と少しずつチームが大きく、また様々な貢献ができるようになってきています。

二つのことを心に開設しました。

地域に足りないものを
提供する

社会全体としてもっとも多くの人を幸せにできるように、地域にあるものはそちらを使い、地域にないものを私たちが提供するということを心掛けてきました。
作りにくいもの、成立しづらいが社会が必要とするものを私たちが学び、変化し、準備することで提供していこうというものです。

私たちの地域には在宅医療を専業とする、どんなに重い患者さんにも対応することができるクリニックがありませんでした。
そこで岐阜県初の在宅医療専門クリニックとしてこのクリニックを作りました。
それ以来地域になかった、音楽療法、管理栄養(発展して食楽支援チーム)、地域看護チーム、小児リハビリチーム、小児に特化した特定医療型短期入所施設と常に地域に貢献できる道を探し続けて今があります。
今後も自分たちの力の及ぶ限り地域で取り残されている人が一人でも減るように貢献していきたいと思っています。

ティーチングホスピタル
(教育的医療機関)
として地域、
日本中、
世界中に在宅医療を
教育をもって広めていく

私たちが取り組む在宅医療を日本全国、世界に広げていくことは私たちのみでは難しく、学びたい人に来てもらい、それぞれの土地でそれぞれのやり方でやってもらいたいと思っています。

そのための教育的医療機関になれるだけの準備をしようと思っています。

在宅医療そのものは比較的新しい分野で、その教育の形はまだ定まっていません。
在宅医療の「総合病院」として、総合在宅医療クリニックという名前にしたのは、在宅医療にも総合病院的な各種専門家がいることでとてもよい医療を提供することが可能だと思ったからです。

医療は「人」が命。
仕事をするとともに、より良き人を創っていくことがクリニックの使命でもあります。

一方で地域の皆さんの中にある「自然と健康になる力」にも注目していきたいと思います。
人は人とのつながりの中で成長し、充実感を感じ、癒されるものなのです。
その最も身近な「隣にいる人」との出会いを大事に、縁を生かして発展する地域になるような拠点の一つとして私たちもまた歩んでいきたいと思っています。
皆様とともに一緒に何かを始めていけるといいと思っています。

 

医療法人かがやき 理事長 市橋亮一

SERVICE 事業概要

総合在宅医療
クリニック

訪問診療

24時間・365日体制でご自宅での療養を支援します。

住所

〒501-6014 
岐阜県羽島郡岐南町薬師寺4-12

電話番号

058-213-7830

FAX番号

058-213-7831

代表

市橋 亮一

診療時間

月~金:8:30-12:00 13:00-17:00

緊急時対応

24時間、無休

診療エリア

岐阜県羽島郡、岐阜市(一部除く)、各務原市西部、羽島市北部、 愛知県一宮市北部
クリニックから車で30分圏内が目安です。詳しくはお問い合わせください。

訪問看護ステーション
かがやき

訪問看護

定期的に看護師がご自宅にうかがい、ケアをさせていただきます。

住所

〒501-6014 
岐阜県羽島郡岐南町薬師寺4-12

電話番号

058-214-8125

FAX番号

058-214-8126

代表

管理者 増井 法子

診療時間

月~金:8:30-12:00 13:00-17:00
土: 8:30-12:30

緊急時対応

24時間、無休

診療エリア

岐阜県羽島郡、岐阜市(一部除く)、各務原市(一部除く)
クリニックから車で15分圏内が目安です。詳しくはお問い合わせください

かがやきキャンプ

医療型短期入所

0~6歳の重症心身障害児・医療的ケア児を主な対象とした医療型短期入所施設です。

住所

〒501-6014 
岐阜県羽島郡岐南町薬師寺4-12

電話番号

058-213-8106

FAX番号

058-213-9206

施設長

藪本 保

営業時間

火・木・金曜日 10:00~15:00
現在は日中のみ、宿泊は準備中

定員

5名

かがやきマップ

障害児相談支援事業所

障害のあるお子さんが、それぞれの状況に合ったサービスが利用できるよう支援します。

住所

〒501-6014 
岐阜県羽島郡岐南町薬師寺4-12

電話番号

058-213-8106

FAX番号

058-213-9206

かがやきクエスト

メディカルフィットネス

2021年度内オープン予定学齢期以降・肢体不自由の方を対象としたメディカルフィットネスです。

住所

〒501-6014 
岐阜県羽島郡岐南町薬師寺4-12

電話番号

058-213-7830

FAX番号

058-213-7831

代表

藪本 保

営業時間

木・金曜日 15:00~18:00

料金

準備中(フィットネス・プール)

しょくらっく

栄養ケアステーション

管理栄養士・言語聴覚士・歯科衛生士が地域や医療・福祉機関等に対して、食に関する幅広い支援をしています。

住所

〒501-6014 
岐阜県羽島郡岐南町薬師寺4-12

電話番号

058-213-7830

FAX番号

058-213-7831

メンバー

安田和代(管理栄養士、准看護師、在宅栄養専門管理士、摂食嚥下リハビリテーション栄養専門管理栄養士、静脈経腸栄養管理栄養士)
石川明菜(言語聴覚士・管理栄養士・調理師)
合掌かおり(歯科衛生士、障害者相談支援専門員)

ACTIVITY 地域活動

医療法人かがやきは、「かがやきロッジ」を地域の開いた場として、さまざまな活動をしてきました。「子ども食堂」「ウォーキング倶楽部」「各種勉強会」、そして地域の方の持ち込み企画である「介護教室」「親父の会」「ヨガ教室」「生け花展」……。

「かがやきロッジ」を拠点としたこれらの活動をひとつのデザインとして、グッドデザイン賞「地域・コミュニティづくり部門」に応募。
4772件の応募の中で、上位20位となるグッドデザイン金賞を受賞いたしました。

かがやきロッジ
について

2017年11月竣工の新社屋「かがやきロッジ」は、
スタッフの思いと多くのプロフェッショナルや協力者によってできあがった建物です。

建設のためのクラウドファウンディング
「在宅医療を支える基地が完成」

設計士・アタカケンタロウさん
物件概要

ファシリテーター・西村佳哲さん
「文化的なたまり場というか」

2019年 医療福祉建築賞
かがやきロッジ

うぶマグ「人が通う在宅医療クリニック?」
かがやきロッジの持つ矛盾のワケとは?

#かがやきロッジ

ACCESS アクセス

電車でお越しの場合

名鉄名古屋駅から笠松駅まで、快速特急特急にご乗車いただき25分です。
飛行機でお越しの方は、中部国際空港から「特急岐阜行き」にご乗車いただくと、乗り換えなしで笠松駅までお越しになれます。
笠松駅からはタクシーで1メーター、徒歩10分程度です。
特急は一部通過する電車があるので、お確かめのうえご乗車ください。ミュースカイは笠松駅には停まりません。

 

お車でお越しの場合
  • 名古屋方面からお越しの方
    名古屋高速「一宮東インターチェンジ」から約25分
  • 北陸方向からお越しの方
    東海北陸自動車道「各務原インターチェンジ」から約10分

ナビで「総合在宅医療クリニック」や電話番号で検索されると、旧住所が出る可能性があります。
また新住所も詳細が出ない可能性があります。
クリニック隣の「笠松競馬場早朝前売発売所」で検索してお越しください。

 

HISTORY 沿革

2008年

在宅医療見学(スウェーデン9日間、東京、愛媛、鹿児島)

2009年

  • 4月1日 総合在宅医療クリニック開設 医師1名、看護師2名
  • 音楽療法部門開始

2010年

管理栄養部門開始

2011年

8月 医療法人化(医療法人 かがやき開設)
9月 訪問看護ステーション かがやき 開設

2012年

2012年〜
2013年

  • 厚生労働省在宅医療連携拠点事業受託(全国で105箇所)
  • 羽島郡在宅医療連携サイト「木曽川とんぼネット」開設 http://www.kisogawa-tombo.net
    現在は羽島郡医師会にて運営
  • 羽島郡防災連絡会発足
    現在は羽島郡医師会にて運営

2014年

11月 日本在宅看護学会学術集会 ベストプラクティス賞受賞
12月 一般社団法人Peace Co 設立

2015年

11月 日本在宅看護学会学術集会 Good Poster賞受賞

2017年

11月 新社屋「かがやきロッジ」竣工

2019年

10月 かがやきロッジがグッドデザイン金賞受賞

2020年

1月 ホワイト企業大賞受賞
4月 かがやきロッジが医療福祉建築賞受賞

2021年

6月 重症心身障害児・医療的ケア児のための医療型短期入所&メディカルフィットネス「かがやきキャンプ」開所

MEDIA メディア情報

テレビ

2021年6月15日 18:00〜

「まるっと!ぎふ」NHK岐阜テレビ

2018年11月6日 7:45~8:00

「おはよう東海~延命する?しない?“理想の最期”を迎えるには~」 NHK総合テレビ

2018年11月2日 19:30~19:55

「ナビゲーション ~延命する?しない?“理想の最期”を迎えるには~」 NHK総合テレビ

ラジオ

2016年〜 年に数回 不定期放送

てにておラジオ 総合在宅医療クリニック提供「おうちにかえろう」

http://teniteo.net/

雑誌・新聞・ニュースサイト

 2021年

7月5日

中日新聞オンライン <ユースク> デジタル×リハビリでサポート 岐阜・岐南町に医療的ケア児新施設
https://www.chunichi.co.jp/article/283770

6月24日

読売新聞オンライン 「岐南町に障害・ケア児短期施設」
https://www.yomiuri.co.jp/local/gifu/news/20210624-OYTNT50020/

6月23日

朝日新聞オンライン「医療的ケア児の居場所へ 岐南に医療型短期入所施設開業」
https://www.asahi.com/articles/ASP6Q6QNNP6LOHGB00J.html

6月15日

産経ニュース 「難病の子どもと家族を支える地域連携ハブ拠点「かがやきキャンプ」を岐阜県に開設」
https://www.sankei.com/economy/news/210615/prl2106150894-n1.html

5月

[私の治療]地域連携・多職種協働
https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=17192

「病院」連載 アーキテクチャー×マネジメント かがやきロッジ
https://webview.isho.jp/journal/detail/abs/10.11477/mf.1541211416

2020年

2020年3〜4月連載

朝日新聞デジタル それぞれの最終楽章 管理栄養士・安田和代
食欲ない…でもうどんなら 最期の「食べたい」を支える
https://www.asahi.com/articles/ASN4J4F7WN4GUCFI001.html

大家族のようなクリニック 食でつながり、食を支える
https://digital.asahi.com/articles/ASN4R4HKYN4QUCFI001.html?pn=6

綿棒1本で届けるコーヒー 食べられない夫に起きた変化
https://digital.asahi.com/articles/ASN494FH7N45UCFI001.html?iref=pc_ss_date_article

のみ込めたみたらし団子 嚥下障害の妻に好物を
https://digital.asahi.com/articles/ASN424HS9N30UCFI003.html?iref=pc_ss_date_article

糖尿病の妻と2年ぶりの外食 回転ずしが変えた夫婦仲
https://digital.asahi.com/articles/ASN3V4QKHN3QUCFI001.html?iref=pc_ss_date_article

2年ぶりのラーメン「これや!」嚥下障害でも食べる喜び
https://digital.asahi.com/articles/ASN3M4SDKN33UCFI003.html?iref=pc_ss_date_article

寒干し大根のにおい届けた 末期がん男性、食の思い出
https://digital.asahi.com/articles/ASN3D4J2BN33UCFI002.html?iref=pc_ss_date_article

1月16日

2019年度グッドデザイン賞審査報告会レポート[Unit18 – 取り組み・活動]
https://note.com/gooddesignaward/n/n2cb79ab55025

2019年

1月19日

ウブマグ 「人が通う在宅医療クリニック?」かがやきロッジの持つ矛盾のワケとは?
https://ubmag.jp/interview/post-3879

2018年

9月

台湾公共テレビ 公共電視-獨立特派員 PTS INNEWS
日本在宅醫療-兩百年之約/日本の在宅医療
https://www.youtube.com/watch?v=7InotzHkOiY

日本在宅醫療-看見在宅醫療裡的幸福)/音楽療法

https://www.youtube.com/watch?v=xQHFJj3e2VI&t=88s

食樂支援到我家/食楽支援チーム

https://www.youtube.com/watch?v=cM_3q6NGxqo

2月27日

ぐるり雑考 「文化的なたまり場というか」
https://bionet.jp/2018/02/27/gururi-10/

2017年

11月

IZENA 施工実績:総合在宅医療クリニック かがやき
https://izena.co.jp/result/2017_kagayaki-lodge/

9月

Good Morning クラウドファンディング在宅医療を支える基地が完成。病気の人、健康な人、医療者が薪ストーブを囲んで語る。
https://camp-fire.jp/projects/43528/activities/43771

2016年

1月

「治療」南山堂 在宅医療の質を高める
http://www.nanzando.com/journals/chiryo/909801.php?ref=20892_01

受賞

2019年

医療福祉建築賞 「かがやきロッジ」
https://www.jiha.jp/awards/awardedworklist/2019-kagayaki/

2019年

GOOD DESIGN GOLD AWARD グッドデザイン金賞「かがやきロッジ」
https://www.g-mark.org/award/describe/49721

2019年

ホワイト企業大賞 大賞
https://whitecompany.jp/locus/第6回表彰企業2019年度)/

その他

2019年3月 未来イノベーションワーキンググループ
経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 医療・福祉機器産業室
委員
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/mirai_innovation/pdf/001_03_00.pdf
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/mirai_innovation/index.html